講師紹介

高尾恭平
たかおきょうへい
ウェルプレイド株式会社 代表取締役 COO
モバイルゲームのディレクターとして開発・運営に関わったのち、CEOとして海外に赴任。『ストリートファイターIV』のガイル使いとして渋谷ゲームセンターに通っていた頃に、3ヶ月間ほど対戦を重ねた谷田優也と出会う。「オリンピックの種目に、ゲームセンターのゲームが選ばれる世界を作りたい」という夢に共感した谷田と2015年11月にウェルプレイドを設立。選手としてもEVOに出場したり観戦をするなど、選手、観客、開発全ての視点からesportsに向き合う。
ゲーム
  • ゲームその他
新分野
  • eスポーツ

おすすめポイント

世界的な市場規模は2019年で約1,096億円、2022年には約1,553億円まで拡大する見込みです。2018年に開催されたアジア競技大会において、デモンストレーション競技の一種として採用され、将来的にはオリンピック競技に加わる可能性も秘めており、さらなる市場の成長が期待されています。ウェルプレイドCOOの高尾からは、コミュニティ施策の観点でゲーム/eスポール業界を解説します。

主な講義テーマ

  • ゲームコミュニティの育成と関わり方

    ・これまでのゲーム業界の施策
    ・コミュニティ施策の登場と背景
    ・ゲームの外側にゲームを続ける理由をつくる
    ・コミュニティの外側にコミュニティをつくる
    ・実績を交えた紹介(大会実績とルール選定方法などの紹介)
    ・ウェルプレイドが実施していること
  • エンタメ施設の企画と運用

    ・日本と世界のeスポーツ施設
    ・2020年3月にオープンした日本最大のeスポーツ施設「REDEE」とは
     - コンセプト
     - 他の施設との違い
     - オープン背景
    ・ウェルプレイドがどんな形で関わっているのか
    ・全体のディレクションを行っている高尾がやっていること
     - オープン前にやっていたこと
     - オープン後に行っていること
    ・エンタメで施設で働く上で大切なこと
  • ゲームクリエイターの思想

    ・ゲームクリエイターとして韓国でCEOとしてゲーム開発をしてきた高尾の歩んできた人生紹介
    ・ディレクター/プロデューサー時代にどんなことを考えながらゲームを開発していたのか
    ・韓国のゲーム開発会社で代表になってからどう視点が変わったか、どんなことをしていたか
    ・ウェルプレイド設立後にどんな仕事をしているか、eスポーツに絞った会社としてどんなことを考えて活動しているか
    ・ゲームクリエイターとして持っておくといい視点
    ・学生のうちに経験しておくといいこと